裁判事例

2022.03.05

東京地方裁判所 平成30年7月17日 平成29年(ワ)第15627号 売買代金請求事件

ファクタリング利用会社が二重譲渡、説明義務違反をした裁判例 資金繰りが苦しくなると、1つの債権を二重や三重に譲渡して、複数のファクタリング会社から資金調達しようとする会社も中には存在します。ときにはす

会員限定記事です。 ログインもしくは新規登録をお願いいたします。