裁判事例

2022.01.10

平30(ワ)32345号 不当利得返還請求事件

1 事案  本件は、破産管財人が二者間売掛債権早期資金化を実質的に金銭消費貸借契約に当たるとして、利息制限法の適用又は類推適用により過払金の支払いを求めた事案である。   2 争点に対する判

会員限定記事です。
ログインもしくは新規登録をお願いいたします。